心と体

2008年2月 2日 (土)

心機一転

私は、毎朝巣鴨の聖堂に朝のお参りに通っています。

平成15年2月3日からずっと続けてきた朝参り日参が、おかげさまで今日丸々5年の最終日を迎えることができました。
この5年間のうち、アメリカに3回旅行した計22日間、国内旅行(娘の結婚式で九州長崎へ)で3日間、合計25日間お休みをいただきましたが、閉館日のお正月期間や木曜日も休むことなく残る1800日を毎朝参拝させていただいてきました。
その間、大きな事故や体調を崩すことも無く健康で続けてこられましたことは、ひとえに神様のご加護の賜物と今改めて心からの感謝をしています。
今ではすっかり生活習慣の一部になっておりますが、これは修行ですからやはりある程度の努力は当然必要です。
どんなに夜寝るのが遅くなり、夜中の1時、2時になろうと翌朝は、冬季は4時40分、夏季は4時10分には起きなければなりません。

私はこの朝参り日参を、大きな目標を達成するに耐えうる私自身に成長したいと痛切に思い、自分を磨くための修行として始めました。
宿罪深き自分がここまで続けてこられたことにも感謝したいと思います。
昨年11月16日からは、家内と二人で朝参り日参に参拝させていただいております。
明日からは6年目がスタートいたしますが、心機一転自己の成長をめざして、夫婦二人揃って楽しく、仲良く、清々しく、さわやかに朝参り日参を続けてまいりたいと心に期しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

少しダイエット

少しダイエット

2日の火曜日から、フィットネスクラブに通い始めました。 

最近?ことにお腹が出て来て肥満気味。 

また疲れを覚えるようになりました。(寝不足と歳かな) 

そこで心機一転、会社の入っているビルの敷地内に、フィットネスクラブがあります。 

ちょうど、そのビルに勤務先の会社が入っている人だけにたいする特別キャンペーンがあったのでそれを利用することにいたしました。 

初日でしたので、まずははじめてカウンセリングとベースカウンセリングというのを受けました。 

いろいろと測定してもらい、結果はやはり肥満体、体脂肪もやや多め、減量目標6キロです。 

無理をしない程度で頑張ります。 

初めてのことなので、カウンセリングの時間より1時間程早く入館いたしました。 

まずは館内の様子を見て見ようと、辺りをうろうろしていると、とんでもない方にばったりと出会ったのです。 

それは何と私たち夫婦の仲人さん。 

私が会社を倒産させて以来ですから19年ぶりの再会です。 

ご主人は既に亡くなっておりましたが、古稀を迎えられるというのにまったく歳を感じさせず、矍鑠とされておられてなによりでした。 

邦楽の世界ではもはや重鎮で、現在はある大学で後進の指導育成にあたる傍ら第一線で演奏活動を続けられておられるご様子に、長年不義理したまま陰ながら心配をしておりましたが本当に安心いたしました。 

美智子皇后陛下から大変ご寵愛いただき、当時まだ東宮でいらっしゃいましたので、何度か御前演奏のため東宮御所にお供したことを懐かしく思い出します。 

5年前に知り合いの医師の奨めでこのフィットネスクラブに週1回通うようになったということでした。 

いつまでも若く溌剌としてご活躍をされることを心からお祈りしております。 

これからは火曜日の夜がとても楽しみです。

昨日は、休み休みでしたが約2時間汗を流しました。

浴室から上がり体重計に乗って目を疑いました。

2日に測った時は、間違いなく64、7キロあったのですが、何回かリセットして乗ってみても61、7キロなのです。
何と2日間で3キロの減量です。 驚きました。

決して無理をした訳ではありませんが(本当に休み休みそれもみな半分づつ)もっとゆっくりゆっくりとやって行きたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年2月27日 (火)

手術

今日、娘が鼻の手術を受けました。昨日入院し検査をして、今日13時40分に手術室に入り15時30分に無事終わったようです。20時30分までに面会に来るよう家内から先程連絡が有りました。とりあえず一安心!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

肉離れ

痛て!

上野駅のホームで、京浜東北線から山手線に乗り換えようと思い、右足を一歩踏み出した瞬間、「ブチッ」と音がして左足ふくらはぎの筋肉が肉離れを起こしてしまいました。

その日一日痛む左足を引きずりながら右往左往してみてつくづく感じたことがあります。

それはどこへ行っても障害を持った人にとってはまだまだ厳しい環境の中にあるということです。

特に酷かったのは、「渋谷駅」地下鉄に乗り換えるにも、東急東横線に乗るのも、エレベータも無ければエスカレータも無い。(どこかに有るのかも知れませんが、少なくとも掲示されている地図には、どこにも載っていませんでした)

痛い足を引きずって階段を上ったり、降りたりそれはもう悲惨と言うしきゃありませんでした。

健常者にとっては、なんでもないことでも、本当に大変なのだということがわかり、大変良い経験をさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)