« きれいなお肌 その1 | トップページ | おめでとうございます »

2005年7月11日 (月)

きれいなお肌 その2

   正常肌に近づけていくために 知っておきたい事

ウ(潤い) ナ(滑らか) ハ(張り) ダ(弾力) ケ(血色) ヤ(柔らか) この6つの条件に近づけることを「お手入れする」という事を前回お話しました。 

自分の肌が何肌なのか知ったうえで、お手入れ方法と使う製品が違ってきます。

ここでは基本的なお手入れ方法について、お話したいと思います。

お手入れには3つのポイントがあります。

1.W洗顔(体外洗浄) 2.W洗浄(体内洗浄) 3.専門的なトリイトメント(エステ)

1のW洗顔は皮膚の外部の汚れと内部の汚れ(たんぱく質 炭水化物 脂肪)そして余分な角質(ケラチン)をとってあげる事。

2のW洗浄(体内洗浄)とは血液をきれいにし、血管を丈夫にすること。

3エステ  ホームケアでお手入れしていても、専門的なお手入れをしていると、み違えるほどお肌が生まれ変わります。またエステに通っているから、毎日のお手入れをおろそかにしたのでは、何もなりません。毎日のお手入れは大切ですが、月2回位は専門的なトリイトメントを受ける事をお勧めします。 理想は週1回です。

スキンケアに使うローション ミルク クリーム パックの目的についてお話しましょう。

ローションは角質の水分補給に  ミルクは水分保湿つまり水分を抱え込む。

クリームは水分の蒸発を更に防ぐためと、外部からの刺激を防ぐため。 パックには、1洗浄パック(毛穴、汗口を開いて汚れを落とす。内部の汚れを分解する)と、2供給パック(栄養を補給するため)の2種類があります。

栄養分の配合量はパック>クリーム>ミルク>ローションの順になります。

目的を知った上で心をこめて、お肌に与えてあげましょう。

次回はどんな洗顔料がよいか、お肌別にお話したいと思います。

|

« きれいなお肌 その1 | トップページ | おめでとうございます »

「美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
丁寧な文章で、とっても分かりやすい!
私も見習わないと・・・。
これからも時々、遊びに来させていただきます。

投稿: だる | 2005年7月12日 (火) 13時05分

TBありがとうございます♪
さっそくお邪魔しました

わかってはいてもちょっとサボってしまったり・・
でもちょっと過去記事も読ませてもらって心を入れ替えようかと・・。
今では習ったことも役に立てれてなかったり・・・
目指せきれいなお肌(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

投稿: まる | 2005年7月12日 (火) 16時24分

TBありがとうございます!
ただいま、フェイシャルエステ勉強中の私でありますので、よろしければまたお邪魔したいと思います!

投稿: あいきっく | 2005年7月12日 (火) 21時06分

トラックバックありがとうございます。
ときどき見にきて勉強させてもらいます。

投稿: hiroat | 2005年7月13日 (水) 20時55分

夢見るエステティシャン・・・何て素敵な名前なんでしょう!
うめゆめかっこさんにピッタリのお名前ですね!
いつもいつもお肌の相談に載って下さってありがとうございます!
かっこさんのエステは最高☆☆そして財布に優しい♪
お肌について悩んでる人は、自分一人で悩まずに、
かっこさんのような本物のプロエステティシャンにきくのが一番の処方箋です☆ぜひぜひ~

投稿: 主婦りんちゃん | 2005年8月 2日 (火) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112265/4932091

この記事へのトラックバック一覧です: きれいなお肌 その2:

» やっと続き [CherryBomb♥]
随分と時間が空いてしまってぼちぼち忘れてしまいそうなので さっさと書いちゃいます [続きを読む]

受信: 2005年7月12日 (火) 17時53分

» 「スグレMONO・変わりモノ」今昔物語のスタートです。 [「スグレMONO・変わりモノ」今昔物語]
「むかしむかしあるところに・・・・」昔、と言っても数年前に販売された生活便利品、 [続きを読む]

受信: 2005年10月10日 (月) 16時19分

» Cheapest cialis. [Cheapest cialis.]
Cheapest cialis. Cheapest generic cialis. [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 09時05分

« きれいなお肌 その1 | トップページ | おめでとうございます »